松本清張記念館研究誌  『松本清張研究』第14号

特集テーマは「初期短編小説」です。
清張は『点と線』などの社会派推理小説で一躍人気を博しますが、
今号ではそれより前に発表した、数多くのすぐれた短編に着目しました。
また、中国・韓国・台湾・シンガポールと、
アジアに広がる清張文学研究の現在もご紹介します。
論文のほか、座談会、多彩なエッセイから、清張作品の魅力を多面的にお楽しみください。
(2013年3月31日発行)

『松本清張研究』は、全国の第一線研究者を網羅し、
さらなる研究の推進と後継者の育成をめざして、年一回、
記念館で発行する研究誌です。

特集 初期短編小説 ―― 巨大な清張文学の母胎

対談
・拝啓、清張先生――清張作品の魅力再発見
        北村薫 ・ 宮部みゆき

論文
・松本清張の作家としての出発――初期作品の可能性の射程―― /小森陽一
・〈士族〉の矜持――松本清張「啾々吟」論 /石川 巧
・「或る『小倉日記』伝」と強者の論理――モデルの扱い方を起点として /大井田義彰
・松本清張の初期小説と自伝的要素 /松本常彦
・初期作品に見る敗れゆく者たち /川本三郎

エッセイ
・清張の言うクリスティの「砂袋」とは /数藤康雄
・『鬼畜』の利一を想う /郷田マモラ
・やはり救済者、清張 /島田荘司

特集 国際共同研究 東アジアにおける松本清張作品の受容
・魯迅「故郷」と松本清張における「父系の指」から「張込み」への展開 /藤井省三
・松本清張と丸山眞男の朝鮮 /南富鎮
・清張ミステリーと中国――映像メディアの力 /王成
・『種族同盟』から『黒の奔流』への逆転清張文学の女性像をめぐって /于桂玲
・メディア、流行文学とテレビ・受容 香港―― 一九八〇年代における松本清張翻訳ブーム /関詩珮
・「歪んだ複写」 : 一九八〇年代台湾における松本清張の翻訳と受容 /陳國偉

記念館研究ノート
・松本清張「駅路」論 ――サマセット・モームを手がかりに /柳原暁子

松本清張記念館研究誌  『松本清張研究』第14号 『松本清張研究』第二号発行
松本清張記念館研究誌  『松本清張研究』第14号