松本清張記念館研究誌  『松本清張研究』第20号

松本清張は幼いときから地図に親しみ、地図上で想像の世界を楽しんでいました。清張が身に付けた地理的知識や地図を読み取る力は、作品のリアリティを強固なものにしました。
今号は、「清張と地理」を特集テーマとして、対談や論文、投稿等の構成で、清張作品の魅力を多面的にお伝えします。
(2019年3月31日発行)

『松本清張研究』は、全国の第一線の研究者を網羅し、
さらなる研究の推進と後継者の育成をめざして、年一回、
記念館で発行する研究誌です。

清張と地理

対談
・清張ジオグラフィー ―作品が語る歴史と風土  今尾恵介 ・ 原武史

論文
・松本清張、1980年代の日本に抗う ―「海外もの」長篇小説の意義  高橋敏夫
・旅が物語を創造する ―時刻表と地図と  綾目広治
・清張作品に描かれた中近東の地理風土  大津忠彦
・山かげの遠い日々 ―清張と山陰  赤塚隆二
・清張と筑豊 ―松本清張の地理的理解(一)  中川里志

投 稿
・『両像・森鷗外』私考(二) 
  ―鷗外と乃木にみる明治の精神に関する松本清張の疑念と考察―  多田康廣
・池河連小説攷 ―「北の詩人」林和の妻について―  鴻農映二

記念館研究ノート
・若き日の「詩」と「詩情」 ―エドガー・アラン・ポーと松本清張  柳原暁子

記念館だより

編集後記

松本清張記念館研究誌  『松本清張研究』第20号
松本清張記念館研究誌  『松本清張研究』第20号