松本清張記念館研究誌  『松本清張研究』第18号

18号の特集テーマは「清張と鉄道」です。初期のヒット作「点と線」から最晩年の「神々の乱心」まで、清張は多くの作品で鉄道を走らせました。
原武史氏と酒井順子氏の〝鉄心〟溢れる対談を筆頭に、論文、エッセイなどで、清張作品の魅力を「鉄道」をキーワードに多面的にお伝えします。
(2017年3月31日発行)

『松本清張研究』は、全国の第一線の研究者を網羅し、
さらなる研究の推進と後継者の育成をめざして、年一回、
記念館で発行する研究誌です。

清張と鉄道

対談
・行間を鉄道が走る ―清張作品時間旅行  原武史・酒井順子

論文
・清張ミステリーと中国・九州地方の鉄道  綾目広治
・推理小説の中の通勤電車  仲正昌樹
・松本清張「従軍期」の鉄道 ―朝鮮の車窓と沿線風景  南富鎮
・「ヤングレディ」の旅 ―松本清張『殺人行おくのほそ道』と女性週刊誌  久保田裕子
・「旅」と「点と線」  松本常彦
・旅と鉄道と影の映像―清張「顔」をめぐって― 山田有策

エッセイ
・列車に乗る子供たち  赤塚隆二
・「小倉発」わが絵人生のはじまり……  田中時彦
・越境者の覚悟  森達也

再録
・「時刻表」   松本清張

投稿
・『象徴の設計』小考 ―松本清張のみた「軍人勅諭」における命令の拘束性―  多田康廣
・無力化された真相の先に
 ―松本清張「霧の旗」に見る更新されない日常の正体―  鶴田武志

記念館研究ノート
・消えた男をめぐって―松本清張と村上春樹  柳原暁子

記念館だより

編集後記

松本清張記念館研究誌  『松本清張研究』第18号
松本清張記念館研究誌  『松本清張研究』第18号