松本清張記念館研究誌  『松本清張研究』第17号

17号の特集テーマは「清張と戦争」です。
戦後七〇年というこのひとつの節目に、清張が「戦争」をどう描いたかを再考します。
四〇年の作家生活を通じ、清張がいかに戦後史への視線を深化させたかを考察する半藤氏・小森氏の対談をはじめ、
論文、エッセイ、そして貴重な再録など清張作品の魅力を多面的にお伝えします。
(2016年3月31日発行)

『松本清張研究』は、全国の第一線の研究者を網羅し、
さらなる研究の推進と後継者の育成をめざして、年一回、
記念館で発行する研究誌です。

清張と戦争

特別対談
朝鮮の風景・衛生兵の日常 ――清張の軍隊生活  半藤一利・小森陽一

論文
・ハンドウを回された男 ――『真空地帯』への『遠い接近』――  山田有策
・「黒地の絵」論 ――戦争のもう一つの悲劇に迫る虚構  綾目広治
・戦争の偏在/戦場の不在 ――『絢爛たる流離』のリダンダンシー  紅野謙介
・引揚げの記憶を表象/隠蔽すること ――松本清張「赤いくじ」論  久保田裕子
・固有名と無名 ――『象徴の設計』の視界――  高田知波
・松本清張が書いた戦争 ――火野葦平などと比較しながら  小林慎也
・折れた剣 ――弥生社会から見える古代国家  高島忠平
エッセイ
・『厭戦』にみえる針尾佐平の死について  直木孝次郎
・権威でありたい  田中慎弥

再録

・「任務」  松本清張

国際共同研究の成果から
・松本清張文学の葉脈
――ル・ボン、魯迅、李光洙、本間久雄、木村毅、バーナード・ショーなど――
南富鎮

記念館研究ノート
・「黒地の絵」論 ――松本清張が北九州から見つめた世界  柳原暁子

記念館だより
編集後記

松本清張記念館研究誌  『松本清張研究』第17号
松本清張記念館研究誌  『松本清張研究』第17号