松本清張記念館研究誌  『松本清張研究』第15号

特集テーマは「清張と故郷[北九州]」です。
作家・清張にとって〈故郷〉とはどのような存在だったのでしょうか。
清張独自の故郷観、そして作品に見え隠れする故郷の姿を追いました。
対談、論文、エッセイそして再録など、
清張作品の魅力を多面的にお伝えします。 (2014年3月31日発行)

『松本清張研究』は、全国の第一線研究者を網羅し、
さらなる研究の推進と後継者の育成をめざして、年一回、
記念館で発行する研究誌です。

特集 清張と故郷[北九州]

対談
・海峡の先輩へ☆遙かな清張 /青山真治・田中慎弥

論文
・清張・〈故郷〉の血脈 /山田有策
・影の風景・「表象詩人」の故郷  /松本常彦
・二人の女性俳人の肖像 ―松本清張「菊枕」「花衣」― /久保田裕子
・「黒地の絵」の小倉 /加島 巧
・清張作品に描かれた北部九州と「佐賀」への傾斜度 /大津忠彦
・振矩師・甚兵衛の知略と侠気―『西海道談綺』論 /石川 巧
・松本清張と魯迅  ―「骨壺の風景」と『朝花夕拾』とにおける幼少年期の回想 /藤井省三
・望郷と黙郷と原郷と  ―「ふるさと」をめぐる藤沢周平、山本周・五郎、松本清張 /高橋敏夫

特別寄稿
・「事実」の意味を問う清張  ―『或る『小倉日記』伝』の深層批評 /田中 実

エッセイ
・「半生の記」に見る〈故郷と旅〉 /小林慎也
・清張と小野家の人々 /小野昭治
・夢と想いのふるさと小倉―創造の原点 /松本零士

再録
・木綿絣の絵 セピア色の詩風景 『富島松五郎伝』解説 /松本清張
・松本清張氏の印象記 /沈西城 記・関詩珮 編
・投稿 「日本の黒い霧」の再評価  ―中国における翻訳を通して /尹芷汐

記念館研究ノート
・松本清張翻訳論 ―その受容と世界文学へのまなざし /柳原暁子

松本清張記念館研究誌  『松本清張研究』第15号
松本清張記念館研究誌  『松本清張研究』第15号