松本清張記念館研究誌  『松本清張研究』第12号

第12号の特集は「清張と東アジア・東南アジア」です。
清張は朝鮮半島を始めとして終生アジアに関心を持ち続け、
人物・歴史・事件と様々な題材を通じて多角的に描き出しました。
また、清張作品は今もなお各国で読者を惹きつけ、
新たな読者を生みだし続けています。
各界の第一人者がそれぞれの「清張像」を語るエッセイと併せて、
清張の新たな魅力をお伝えします。

多彩なエッセイにもご期待ください。
『松本清張研究』は、全国の第一線研究者を網羅し、さらなる研究の推進と後継者の育成をめざして、年一回、記念館で発行する研究誌です。

特集 清張と東アジア・東南アジア

特別対談
・東アジアに向けた清張のまなざし
        島田雅彦、川村 湊、宮田毬栄

論文

朝鮮半島
・『北の詩人』ノート /和田春樹
・松本清張の朝鮮と韓国における受容 /南富鎮・鄭恵英

中国
・中国高度経済成長期の「人世」と「人性」を映し出す両面鏡 ─「東アジアと松本清張」論序説 /藤井省三
・清張 東アジア 密教 /松長有慶

ラオス
・阿片と頽廃とCIAのラオス ─『象の白い脚』 /綾目広治

マレーシア
・忘却された戦争 ─松本清張『熱い絹』と東南アジア /久保田裕子

ベトナム
・考察:松本清張は「超ジャーナリスト」である /浅井泰範

再録
・特派員  /松本清張

特集 私のなかの松本清張
・私の松本清張体験・卑弥呼と鷗外  /篠田正浩
・清張さんの叱る声  /童門冬二
・社会派という「レッテル」について  /猪瀬直樹
・<音>への感性  /安藤 満
・幻の歴史小説  /天野敬子
・松本清張先生の思いで  /文潔若

松本清張記念館研究誌  『松本清張研究』第12号 『松本清張研究』創刊号
松本清張記念館研究誌  『松本清張研究』第12号