令和4年度北九州市立松本清張記念館 博物館実習生の受入れについて

北九州市立松本清張記念館では、下記のとおり博物館実習を実施します。

※新型コロナウイルスの感染状況により中止、延期の可能性があります。

1実施期間

 令和4年8月のうち、のべ5日間

 10:00~17:30(うち、休憩1時間)

2実施場所

 北九州市立松本清張記念館(北九州市小倉北区城内2-3)ほか

3対象

 学芸員資格修得済みまたは修得見込みの方

4受入れ人数

 3名程度(予定)

5主な実習内容

 松本清張と松本清張記念館について

 資料の整理、保存、展示について

 展示・普及活動(実習生による展示企画の実施)

 他施設の見学

6申込み方法

 実習希望校の担当事務部局による必要書類の提出(郵送)でのみ受付けます。

 (1)提出書類

 ①実習依頼書(様式は任意。実習希望者の現在の専攻、実習希望者の連絡先・メールアドレス、大学担当者の連絡先・メールアドレスがわかるもの)

 ②博物館に関する科目の単位修得済みまたは見込みを証明する書類(様式は任意)

 ③レポート(「松本清張記念館での実習を志望した理由」もしくは「文学館施設での実習を志望した理由」のいずれかのテーマで800字程度。様式は任意)

 ④大学事務部局宛て返信用封筒(定型封筒に宛先を記入のうえ、84円切手貼付)

 (2)提出期限

  令和4年3月31日(木)消印有効

7受入れについて

大学での選考及びレポートをもとに選考します。

受入れの可否は、令和4年5月中旬までに各大学宛てに文書で回答します。

8その他

・実習日程は当館が決定するものであり、変更する場合があります。

・実習内容を変更、中止する場合、補講は行いません。

・実習の一部を北九州市立文学館と合同で行う場合があります。

・実習費、謝礼等は不要です。ただし、他館見学等の交通費及び実習簿の返送にかかる費用(封筒、切手、レターパックなど)は各自の負担とします。

・実習中の事故について、当館は責任を負いません。各種損害・傷害保険への加入は各自で判断してください。

・個人的な理由(就職活動等)による遅刻・早退・欠席等は認めません。

・実習生の成績評価は行いません。