『松本清張研究』21 号を発刊しました

松本清張記念館研究誌  『松本清張研究』第21号

松本清張が東京に居を移し、作家として活躍の場を広げていった1960年代、日本は高度経済成長期のただなかにありました。清張はこの時期の東京を多くの作品で舞台に選んでいます。それらの作品は時を越えて、私たちに都市の変貌、時代の変化を伝えてくれます。
今号は「清張と東京」を特集テーマとし、現在だから見いだせる価値を考えたいと思います。
(2020 年3 月31 日発行)

『松本清張研究』は、全国の第一線の研究者を網羅し、
さらなる研究の推進と後継者の育成をめざして、年一回、
記念館で発行する研究誌です。

清張と東京

論文
・「清張史観から見た日本の真相」 中尾茂夫

座談会
・「清張が描き出した<東京>」
  阿刀田高・山本一力・山田有策・藤井康栄

論文
・「清張文学の土壌―地方・人―」 松本常彦
・「通勤する女たち」 赤塚隆二
・「清張と下関」 中川里志

座談会
・「これからの文学館のかたち」
  ロバート キャンベル・十重田裕一・藤井康栄

エッセイ
・「清張先生にもらったお小遣い」 木俣正剛
・「口伝―砂の器―」 米粒写経

記念館研究ノート
・「松本清張と愛蘭土文学、ケルト文化」 栁原暁子

記念館だより

編集後記

松本清張記念館研究誌  『松本清張研究』第21号
松本清張記念館研究誌  『松本清張研究』第21号